柔道用語辞典

「作り」と「掛け」(「つくり」と「かけ」)

「作り」と「掛け」

柔道の試合においては、技を仕掛けるタイミングを探るために、いわゆる「引かば押せ」「押さば引け」のように相手の体を不安定な形に崩し、相手との間隔や姿勢を投げるのに都合の良いように仕向けなければなりません。これを「作り」と呼びます。この「作り」によって作られた形に最もふさわしい技を掛けるのが「掛け」です。「作り」と「掛け」は言わば車の両輪であり、表裏一体のものです。誰が見ても胸のすくような見事な技は、「作り」「掛け」そして「体さばき」(技を掛けやすくするため、前後左右に自分の体を移動させたり、方向転換をする)が一致したものです。柔道ではこれを「力の用法」とも呼んでいます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード