柔道用語辞典

取り

取り

形(かた)の練習や約束稽古において、技を掛けて投げる側の人を「取り」と呼びます。取りに対して、技を掛けられ投げられる側の人を「受け」と呼びます。
取りは、動きながら体さばきなどによって相手を崩し、技を掛けて受けを仰向けになるように投げます。このとき、取りは投げたあとも受けの引き手を最後まで離さないようにします。
約束稽古において、取りは、相手の崩し方や技を掛けるタイミングを学習し、技を正確に掛けられるよう技術を高めることができます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード