柔道用語辞典

立ち技

立ち技

立ち技とは、柔道で立ったまま掛ける技の総称で、投げ技の中の手技足技腰技などを指します。
講道館柔道の技の中には、背負投体落肩車掬投双手刈一本背負投などの手技15本、浮腰大腰払腰袖釣込腰などの腰技11本、出足払大外刈大内刈払釣込足などの足技21本があります。
立ち技は、体さばきで巧みに相手を崩して豪快に投げ、投げたあとも立ったままの姿勢を保ち続ける技がほとんどです。立ち技に対する返し技も多く、試合では敏捷性とセンスが光る対戦が見ものです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード