柔道用語辞典

体さばき(たいさばき)

「体さばき」とは、技を掛けたり相手の技を防ぐために自分の体の位置、向きを変える動作のことを言います。片足を前方に出して相手の足のすぐ前で相手に対して直角になる「前さばき」、片足を後ろに引いて相手の足から少し離れ、相手に対して直角になる「後ろさばき」、片足を前方に出して相手の体の前に回りこみ、相手に対し後ろ向きになる「前回りさばき」、相手を引き込むように片足を後ろに引いて、相手の体の前に回りこみ、相手に対し後ろ向きになる「後ろ回りさばき」の4つが基本の体さばきとなります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード