柔道用語辞典

捨て稽古

捨て稽古

捨て稽古とは、技能や実力が自分よりもある人に対し、軽く組んで移動しながら、何の束縛も受けずに自由に選んだ技で力いっぱい掛けていくような稽古法です。
捨て稽古では、上級者が自分から技を仕掛けることはなく、下級者が積極的に技を掛けていきます。上級者は怖がることなく正しい姿勢で技を受けることができるため、下級者は攻防のポイントをより正確に体得することができます。
これに対し、乱取稽古は、相手を上級者、互角、下級者と変えて対戦することで、攻守を実践的に切り替え、対応しながら稽古をします。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード