柔道用語辞典

すり足

すり足

すり足とは、試合や乱取りで移動するときの歩き方で、常に自分のバランスを保ちながら移動することができます。一方の足に体重を乗せ過ぎると、相手に崩されやすくなるため、畳から大きく足を上げないように歩きます。畳をするように歩くため、「すり足」と呼ばれています。
柔道の基本的な歩き方には、すり足の他に歩み足、継ぎ足などがあります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード