柔道用語辞典

指導(教育的指導)

指導

指導とは、柔道の試合を行なう上での反則判定です。反則は、消極的な試合者、技の発達を妨げるような技や動作、相手に危害を加えるような技や動作、柔道精神に反するような言動などの程度に応じて軽い方から「指導」「注意」「警告」「反則負け」が告げられます。
「指導」となる基準には、約20秒間相手と取り組まず勝負をしようとしない、立ち勝負で極端な防御姿勢を6秒以上取り続けるなどがあります。 講道館ルールにおいては、「指導」を2度重ねると「注意」の罰則を受けます。IJFルールでは、「指導」を受けた試合者が2度、3度と「指導」を重ねると相手に得点が入ります。2度目は「有効」、3度目は「技あり」の得点が相手に入り、4度重ねると「反則負け」となります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード