柔道用語辞典

乱取り

乱取り(らんどり)

乱取りとは、お互いが技を掛け合う自由練習のことです。乱取りは、柔道の練習の中心となるもので、打ち込みで磨いた技や約束稽古で身につけた投げ方や抑え方を駆使して相手を攻撃したり、掛けられた技を防いだりする実践的な練習方法です。
乱取りでは、基本を大切にし、積極的に投げたり投げられたりすることが必要です。その中で、効果的に相手を崩したり、タイミングよく技を掛けたり、技を組み合わせたりするばかりでなく、技の防ぎ方、返し技などの技術を磨きます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード