柔道用語辞典

帯

帯は、柔道着の乱れを防ぐため、二重に回して結びます。結び目から余る長さは15cm程度が適当とされています。講道館では階級を区別して帯の色を定めています。

  • 初心者・・・水帯
  • 5〜4級・・・(少年、成年)白帯
  • 段級未定者・・・白帯
  • 3級〜1級・・・(少年)紫帯
  • 3級〜1級・・・(成年)茶帯
  • 初段〜5段・・・黒帯
  • 6段〜8段・・・紅白帯
  • 9段〜10段・・・赤帯

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード