柔道用語辞典

参った

参った

「参った」とは、技を掛けられている方が負けを認める合図です。試合中に技が極まり、効いている場合に、掛けられている方は、相手や畳を2回たたくのが合図の基本です。この合図を出すと、その時点で負けが決まります。「参った」は、抑え込みや絞め技、固め技が掛けられている最中に、返す見込みがない、強烈なダメージに耐えかねたときに発せられます。
抑え込みの場合、講道館ルールならば30秒、IJFルールなら25秒抑え込むことで一本となりますが、技が極まり、相手が「参った」を発すると抑え込みの時間が短くても勝つことになります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード