柔道用語辞典

級

柔道では、レベルに応じて段や級を認定する段級位制を採用しています。囲碁や将棋の世界で使われていたこの段位制を武道で初めて取り入れたのは柔道で、その後、段位・級位を組み合わせて段級位制としました。剣道や空手、弓道にも採用されています。
成年部(原則13歳以上)の場合は、四級以下、三級から一級、初段から五段、六段から八段、九段から十段があり、それぞれの段級位での色が違います。少年部(原則13歳未満)の場合は、初心者、五級、四級、三級、二級、一級があります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード