柔道用語辞典

組み手(くみて)

組み手

あらゆるスポーツには、基本となる姿勢や動きがあります。柔道においてもこの基本姿勢が大切です。組み手(組み方)とは、相手との適当な間合い(腕の長さより少し近い距離:軽く肘を曲げた距離)をとり、片手で相手の前襟の鎖骨より少し下(釣り手)を持ち、もう一方の手で相手の肘の外側(引き手)を持ちます。組み手においては、両手は軽く握り、両肘は少し曲げ、脇を軽く締めるようにします。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード