柔道用語辞典

禁止事項

禁止事項

柔道の試合には、禁止されている事項があります。禁止事項には、態度、技の掛け方について規定されています。
攻撃しない、極端な防御姿勢をとり続ける、攻撃しているふりをするなど、防御姿勢をとり、組み合って勝負をしない態度は、指導の対象になります。また、相手の体に損傷を負わせるような危険な技(禁止技)を掛けると警告または、反則負けとなります。
試合中に選手が、禁止事項を犯した場合には、試合が一時中断され、両方の選手は、試合開始時の位置に戻されて主審から反則の宣告を受けることになります。ただし、寝技の場合には、元の位置に戻らない場合があります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード