柔道用語辞典

ケンカ四つ(けんかよつ)

ケンカ四つ

双方の得意な組み手が、右自然体(右手が釣り手)と左自然体(左手が釣り手)となる組み手を「ケンカ四つ」と呼びます。相四つと比べると相手との間合いが空くため、どうしても技が掛けづらくなります。技を掛ける場合には、いなす(フェイント:体を急に動かし、相手の攻撃をあしらう)ことでワンアクションを入れるなど、工夫が必要となります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード