柔道用語辞典

固め技

固め技

固め技とは、立ち技に対し畳に寝転ぶ状態で掛ける寝技のことで、関節技、絞技、抑込技があります。
講道館の固め技には、抑込技7本、絞技12本、関節技10本があります。試合では肘以外の関節技は反則とされており、足緘(あしがらみ)は、ひざの関節を極める技で禁止技となっています。
また、絞技において、首以外を絞めることや指で直接絞めること、帯や胴着の裾を使って絞めることは禁止されており、胴絞(どうじめ)は禁止技となっています。少年規定では、関節技と三角絞は禁止技となっています。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード