柔道用語辞典

関節技

関節技

関節技とは、自分の足、腕、ひざなどを使って相手の肘関節を取り、本来の方向と逆の方へ負荷を掛けて相手を強烈に制する技です。
関節技は、抑え技、絞め技と共に固め技の部類に入り、腕緘腕挫十字固腕挫腕固腕挫膝固足緘といった技があります。
ほとんどの関節技は、「てこの原理」を利用して相手の関節を極めます。関節技は、危険を伴うため、少年規定では使用が禁止されています。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード