柔道用語辞典

かかり稽古

かかり稽古

かかり稽古とは、確かな技を習得するための基本的な練習法です。特定の1人が技を掛け、掛けられる人は数人で代わる代わる相手をします。
約束稽古、捨て稽古、ぶつかり稽古などもこの練習の部類で、取りと受けを決めて練習を行ないます。取りと受けを交替しながら行なう場合や一人がずっと投げ続ける場合があります。かかり稽古は、乱取りや試合に入る前の予備トレーニングとなっています。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード