柔道用語辞典

審判員(しいんぱんいん)

審判員

柔道の試合における審判員は、原則として試合の進行と勝負の判定をつかさどる「主審」1名、主審を補佐する「副審」2名によって構成されます。審判員の判定は絶対であり、これに抗議することは許されません。

主審は、原則として試合場内に位置し、試合開始から終了までの進行と技や勝敗の判定を行ないます。主審と副審にはそれぞれ、判定や選手への指示などに必要なジェスチャーがあります。

主審のジェスチャーで代表的なものは、片手を伸ばした状態で上方に高く手を上げる「一本」、手のひらを下にして、片手を伸ばした状態で畳と平行に手を上げる「技あり」、技ありと似ていますが、片手を斜め45度に伸ばした状態の「有効」などがあります。

副審のジェスチャーで代表的なものは、片手(親指を上にする)を伸ばし、試合場の境界線に沿わせて上方に手を上げたあと、ほぼ肩の高さに下ろして停止させる「場内」、片手(親指を上にする)を伸ばし、試合場の境界線に沿わせ、ほぼ肩の高さに上げ、水平に2、3回振る「場外」、試合の決着がつかず、判定になった際に主審の動作に応じて赤・白(国際試合の場合は青・白)の旗を持った両手を前方45 度に上げ、主審の呼称に応じて、優勢な選手側の旗を高く上げる「判定」などがあります。

ただし、「引き分け」の場合は、副審は両手に握った旗を両方とも高く上げます。

※「講道館ルール」と「IJFルール」により、判定の仕方が異なります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード