柔道用語辞典

自護体(じごたい)

自護体

試合や乱取りなどのときに、相手の体や技に対して、それを防ぐために必要な姿勢です。自護体の基本的な姿勢は、膝やつま先、あるいは体全体に、平均した力を加えるようにします。そして、両足を横に広く踏み出して両膝を曲げ、腰を下げます。このとき、体の重心は低くなければいけません。また、この姿勢から右足を踏み出せば「右自護体」、左足を踏み出せば「左自護体」の姿勢となります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード