柔道用語辞典

引き手

引き手

引き手とは、柔道で組み合うときの持ち手のことです。右自然体右組みの場合、引き手は左手となり、主に袖を握ります。右手は、「釣り手」と言い、主に相手の襟を持ちます。
体さばきと合わせて、引き手の脇を絞めて相手を前や横へ引き出し、効果的に相手の重心を崩します。引き手で袖を握る場合は、袖口に指を入れる、袖口をめくって裏の部分に触れる、袖口を絞って握る行為は反則となります。
また、引き手で柔道着のすそを6秒以上つかみ続けると反則になります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード