柔道用語辞典

足技

足技

足技とは、投げ技の部類で、刈る、掛ける、払う、支える、蹴るなど足先を起点として行なう技です。
相手の動きに合わせて自分の力を加え、前や後ろ、横方向などに重心を崩したところで、相手の足に自分の足を当てて技を掛けます。相手の足を刈るようにして倒す、掛けてさらに崩す、払って投げる、自分の足を支えにして相手を投げる、蹴り上げて一気に投げるなどの要領で技を掛けます。
足技には、内股大外刈支釣込足大内刈小内刈出足払などの技があります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード