柔道武道館

横分(よこわかれ)

横分

概 略

体さばきがポイントとなるダイナミックな横捨身技

技の特徴

横分は、自分の体を横に捨てながら、両足を滑り込ませ、体を鋭くひねり、ダイナミックに投げる技です。

技の性質

相手を一旦後ろへ崩し、逆に攻めるよう誘い、相手が踏み出してきたときが、この技をかけるチャンスとなります。
相手の足が畳に付く直前に、引き手を効かせて、相手を引き出し、相手の重心を前隅に崩しながら、自分の釣り手側の足を相手の釣り手側の足の外側に滑り込ませます。足を滑り込ませるときは、引き手を引きつつ、自分の体をひねって半身になり、後方に倒れ込むような体勢になることで、相手はますます前隅に重心を崩します。
相手が倒れ込んでくるときに、引き手側の足もそろえるように滑り込ませ、わずかに膝を立てます。引き手で相手をしっかりと引き下し、釣り手で相手の胸を押し上げるようにしながら、体のひねりを効かせて大きく投げます。このとき、相手は、自分が踏み出した足を中心にして円を描くように回転するような格好になり、投げたあとは、自分と相手の体はほぼ直角になります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード