柔道武道館

横落(よこおとし)

横落

概 略

滑り込みながら投げる横捨身技

技の特徴

横落は、相手の横に滑り込むようにして、相手の重心を崩し、そのまま自分の体を捨て、相手を横に投げ落とす技です。

技の性質

自然体に組んだあと、相手を一旦追い込みます。捨身技をかけようとする場合、無意識に自分の体を後方に引くことが多いため、一旦追い込み相手が出てくるのを待つというような体さばきによって、相手に悟られないように工夫します。
相手を追い込み、後隅へ崩すことで、相手は危険を感じて踏み出そうとします。その瞬間に、相手の踏み出そうとしている足の前隅に引き出し、重心を崩します。このとき、相手が体重を移動しているときに引き出すことで、効果的に崩すことができます。
さらに、相手の踏み出す足の外側にスライディングするように足を出しながら腰を落としていき、引き手側に自分の体をひねるように捨て、相手をそのまま横に投げ落とします。
滑り込ませた自分の足は、畳に付けて突っ張り、ひかがみ(膝の裏)に相手の足首をあてて、相手を崩しながら投げ落とします。横落は、お互いが自護体の姿勢で組んだときに、よく使われます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード