柔道武道館

横掛(よこがけ)

横掛

概 略

俊敏さとセンスが光る横捨身技

技の特徴

横掛は、重心のかかった足を横から払い上げ、自分の体を捨てて倒す技で、ケンカ四つの組み手でよく用いられます。

技の性質

一旦相手を追い込み、追い込まれた相手が攻撃に転じようと足を踏み出し、こちらを背負うように背中を向けてきたときに、横掛を仕掛けます。
このとき、釣り手で釣り上げるようにし、引き手で自分に引き寄せ、相手の体を密着させて、自分の引き手側の足を相手の釣り手側の足にかけます。ちょうどサッカーのインサイドキックのような格好で、相手の背後から足を払い、自分の体は横に捨て、体重を利用しながら相手の体を真下に引き落とします。
この技は、積極的に攻めてきた相手にかける場合や、相手に誘いかけて攻撃させたあとに仕掛ける場合など、仕掛け方は様々で選手のセンスが光る技です。

技をかけるときのポイント

  • 相手の足に自分の体重を乗せるようにして崩し、体を横に捨てる勢いを利用して、相手のかかとの辺りを指先に向かって強く払います。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード