柔道武道館

内股巻込(うちまたまきこみ)

内股巻込

概 略

内股からの変化技

技の特徴

内股巻込は、内股をかけ、相手を巻き込むように倒す技です。

技の性質

釣り手は、手首を立てて握り、相手の耳よりも高く釣り上げるような感じにします。引き手は、手首を返して手の平を外側に向け、目の高さまで上げながら前へ引き出します。釣り手と引き手を効かせて、相手の重心を斜め前に崩し、不安定な体勢にして投げていきます。
投げるときは、太ももの裏側を相手の股間にあてるようにしながら、前から後ろに向かって一気に振り上げます。ここまでは、内股の動作と同様です。
このとき、十分に相手を崩せず、上手く投げられないと判断した場合、即座に切り替えて、相手の体を巻き込むように、体を浴びせ込みます。自分の体を相手に預け、その重さを利用し、相手の背中を畳に付けるように倒していきます。この技で一本をとるというものではありません。
内股をねらい、十分に相手を崩し切れなかった場合に、オプション的に内股巻込を使ってしのぎます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード