柔道武道館

内巻込(うちまきこみ)

内巻込

概 略

一本背負投によく似た横捨身技

技の特徴

内巻込は、一本背負投のように相手の片腕を背負い、自分の体を捨てながら相手を回転させて投げる技です。

技の性質

一旦相手を追い込み、続いて相手が踏み出してくるタイミングなどをねらいます。
釣り手側の足を踏み込み、引き手をしっかりと引き出して、相手を崩します。
引き手で相手の腕を引き込み、踏み出した足裏で回転しながら体を反転し、相手を背負うようにします。このとき、釣り手も使ってその腕をしっかりと抱え込み、腰を深く入れて、肩から鍬を振り下ろすように一気に相手を投げます。
投げるときは、自分の体を前に沈め、回転するように投げ、相手は自分の首の周りを回転するような格好になります。
柔道では、禁止事項として相手の同じ側の襟や袖を6秒以上握り続けることがあげられており、その場合、「指導」となります。この内巻込も、かけ始めのときに、片袖のみを捉えるため、6秒以上捉えないように注意します。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード