柔道武道館

浮技(うきわざ)

浮技

概 略

円を描くように豪快に投げる横捨身技

技の特徴

浮技は、相手が踏み出した瞬間をねらって、重心を崩し、体を捨てながら豪快に投げる技です。

技の性質

自然体に組んだあと、一旦大きく相手を後方へ追い込みます。相手に追い込まれたという危機感を与え、相手が回避するために強く踏み出す瞬間をねらって仕掛けます。
相手が踏み出そうとするときに、引き手の肘を畳と平行になるように張り、後方に強く引くとともに、釣り手で相手を押し上げます。
相手が、前隅に重心を崩し、不安定になっているときに、自分の足を相手の踏み出した足の横に差し出すようにしてあて、プレッシャーをかけます。相手は、足の踏み出しを止められた状態で、ますます不安定となります。
そのまま、自分は引き手側に倒れ、体を引き手側に大きく開きながら、体を横に捨てる勢いで相手を引きます。その際、引き手は肘を畳に付けるように引き下し、釣り手は顔の前から肩の上めがけて押し上げるようにして投げます。このとき、相手は、止められている足を中心に大きく円を描くように回転する形になります。

技をかけるときのポイント

  • 相手が軸足に体重を乗せた瞬間、すばやく相手の体の真下に滑り込むように足を出し、相手の足に密着させるために、引きを強くします。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード