柔道武道館

谷落(たにおとし)

谷落

概 略

不意をついて仕掛ける捨身技

技の特徴

谷落は、足を掬って倒し、後ろへ投げ落とす技です。

技の性質

谷落は、自分も一緒に倒れながら、その力を利用して相手を投げる捨身技です。
横落とよく似ていますが、横落は、正面から仕掛けて相手を横に投げ落とすのに対し、谷落は、真横から仕掛けて相手を後ろ隅へ投げ落とすという違いがあります。
相手の釣り手側に回り、相手の釣り手を自分の引き手でしっかりと下に引き出し、膝を曲げて腰を落として、相手の重心を釣り手側へ崩します。それと同時に、自分の引き手側の足を後ろから相手の足を掬うようにあて、相手を後隅へ投げます。
谷落の落とし方には、相手の足に自分の足をあてて転がすように落とす方法や、相手の足を後ろから抱え込むようにして落とす方法などのバリエーションがあります。後者の方法では、相手の釣り手を押さえていた腕を後ろから相手の股間へ差し入れ、抱え込むようにしながら、相手の後ろにもぐり込み、後ろに倒れ込み、そのまま背中を落とすように投げます。

技をかけるときのポイント

  • 「片襟」の状態からこの技をかける場合は、「片襟」の反則をとられないように気を付け、相手の不意をついてすばやく技に持ち込んでいくことが必要です。
  • 片腕をロックし、相手が正面に回り込ませないようにしてから技をかけると効果的です。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード