柔道武道館

外巻込(そとまきこみ)

外巻込

概 略

腰と背中で巻き込む横捨身技

技の特徴

外巻込は、相手を腰から背中にかけて乗せ、巻き込んで投げる技です。

技の性質

引き手で相手の袖の外側奥を握り、釣り手で奥襟を握ります。釣り手側の足を相手の両足の中ほどに踏み込み、足裏で回りながら、そのかかと辺りに引き手側の足を引き付けます。
引き手側の足に重心を移動して軸足としながら、釣り手側の足を相手の体の外側に差し出すようにぴったりと付けます。相手の上体を捉えたあと、相手を腰から背中にかけて巻き込むように自分の体をひねり、体を捨てながら投げます。
相手の上体を捉える場合は、相手を引き手でしっかりと引き寄せて密着させ、釣り手は離して相手の頭上から大きく回し、相手の腕を脇の下に挟み込むようにして極めます。

技をかけるときのポイント

  • この技は、相手を巻き込むときに、引き手の力を利用するため、なるべく外奥の袖を握って、しっかりと引き出すようにします。
  • 相手と自分の体が「十」の字形になるくらい腰を深く入れて巻き込みます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード