柔道武道館

大外巻込(おおそとまきこみ)

大外巻込

概 略

大外刈からの変化技

技の特徴

大外巻込は、大外刈をかけ、相手を巻き込むように倒す技です。

技の性質

組み手は、釣り手で相手のちょうど鎖骨の辺り、引き手で肘の下辺りを握ります。
軸足を踏み出して相手を密着させ、引き手を横または斜め下に引き出し、自分の進むライン上に引き寄せます。相手は重心が傾き、片方の足が浮いたようになり、片方の足に体重が乗り切った形になります。重心が傾いた瞬間を見計らって、刈足を振り上げ、一気に相手の重心が乗った足を刈り上げます。ここまでは、大外刈と同様です。
このあと、相手の足を刈って後ろへ倒すときに、自分の体で相手を巻き込むようにしながら、一緒に倒れこんでいきます。自分の体の重さを使って、相手にプレッシャーをかけるため、体の大きい選手には有利になります。
この技は、相手を完全に崩せないまま大外刈をかけてしまったときに、止めを差す形で連続技として使うことがほとんどです。この技にたよって、基本的な大外刈の上達ができないということにならないよう気を付けなければなりません。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード