柔道武道館

河津掛(かわづがけ)

河津掛

概 略

禁止技

技の特徴

河津掛は、相手の足に自分の足を絡ませ、後方へ引き、自分の体重をかけて、後方へ倒します。

技の性質

引き手で相手の中袖、釣り手は襟から離して相手の脇の下から首を抱き寄せるようにします。
引き手を効かせて、相手を前へ崩しつつ、体を相手に密着させ、自分の足を大内刈のようにかけます。このとき、足先を相手の脚に内側から巻き付けるようにしっかりと絡めます。
片足を捉えて前に上げるようにし、首に巻いた手を後方へ引き下すようにして、相手を後方に崩します。さらに、自分の体を相手の体と重ねるようにして体を捨て、自分の体重をかけて倒します。
河津掛は、後頭部の強打や脚部の関節を痛める可能性が高いため、危険性のある技とされ、禁止技となっています。現在の国際ルールの反則技は、「蟹挟」「足緘」「河津掛」「胴絞」の4つです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード