柔道武道館

蟹挟(かにばさみ)

蟹挟

概 略

禁止技

技の特徴

蟹挟は、立っている相手の上半身を自分の両足で挟むようにして、後ろへ倒す技です。

技の性質

相手と横並びになり、釣り手で奥襟を握った体勢から引き手を畳に付けて支え、両足を浮かせた形で相手の上半身を挟み込みます。
相手に遠い方の足を相手の両膝の裏に、もう片方の足を相手の下腹部にあてます。腰をひねりながら、両足を後ろへ回転させるようにして、相手を後方へ倒します。このとき、釣り手で相手を後方に引き、相手の足を刈って、後方へ引き倒します。
この蟹挟は、あまりにも勢い良く倒れて後頭部を強打すると、死亡事故にもつながりかねないという危険性があるため、禁止技とされています。現在の国際ルールの反則技は、「蟹挟」「足緘」「河津掛」「胴絞」の4つです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード