柔道武道館

払巻込(はらいまきこみ)

払巻込

概 略

払腰から派生した捨身技

技の特徴

払巻込は、払腰をかけ、相手を巻き込むように倒す横捨身技です。

技の性質

自然体に組んだあと、体を反転させ、釣り手と引き手で相手を前方に崩しながら、相手を腰に乗せやすいように軸足を相手の足元に運びます。
払腰では、ここで相手を前腰に乗せ、腰のひねりを活かし、相手の足と腰を一気に払い上げるようにします。一気に払い上げることができない場合に、「崩す→払う→巻き込む」を連携させて、払巻込に転じます。
前方に崩れる相手の膝下辺りを払い、自分の釣り手を離して相手の釣り手を抱えるようにしながら、相手の体を巻き込んで倒れ込みます。自分の体の重さを利用し、相手にプレッシャーをかけて倒していく技で、体格の良い選手にとっては有利です。
しかし、筋力のある選手に対しては、力任せだけでは防がれてしまうため、攻め技として使うより、払腰のオプション的に逃げ技として使う方が良いでしょう。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード