柔道武道館

跳巻込(はねまきこみ)

跳巻込

概 略

跳腰からの流れ技

技の特徴

跳巻込は、跳腰で投げるとき、体を捨てながら巻き込む技です。

技の性質

相手に跳腰をかけ、放り出した相手の体の回転が十分出ないと感じたときに、この跳巻込へ変化させます。
相手を引き手側に崩し、自分の足を「く」の字に曲げて、相手を乗せるように投げるのは、跳腰と同様です。そこで相手の体の回転が十分でない場合、自分の体を捨てながら巻き込んで投げます。
跳腰で投げようとするとき、釣り手を離して相手の後首を抱え込むようにし、相手の上体としっかりと密着することで、より力を効果的に投げることができます。相手の上体を釣り手で前下方向に崩しながら、軸足の膝のバネを十分に効かせ、「く」の字に曲げた足で相手を跳ね上げます。
投げ終わるまで、相手の体と自分の体を密着させるため、自分の体を極端に曲げないようにします。
投げ終わったあとは、相手が自分の背後にあるため、技がきまらなかった場合を考えて、警戒を続けます。このあと、袈裟固などの技に入ることも少なくありません。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード