柔道武道館

抱分(だきわかれ)

抱分

概 略

相手の背を見て仕掛ける技

技の特徴

抱分は、相手が背負投を仕掛けてきたときや、四つん這いになって逃れようとしているときに背後から抱きかかえるようにして投げる技です。

技の性質

相手が十分に腰を入れることができないまま背負投などを仕掛けてきた場合、片方の手で相手の脇腹を抱え、足を大きく開くなどして、相手の重心を崩しながら、もう片方の腕を相手の首の前から回し、反対側の奥襟または肩をつかんで踏ん張ります。 続いて、体を相手の背から降りるように横にずらして、膝を曲げて相手の足の前に踏み込み、相手の膝にあてて下半身をブロックしながら、相手の体を横に開くように投げていきます。 投げるときは、相手を抱きかかえると同時に、勢いを付けて体をひねり、相手を自分の腹部の上を転がすようにします。 このとき、下腹部を突き出すようにし、畳に肘を付いてブリッジをするような体勢から、体を横に捨て、相手をひねり投げます。 相手が、四つん這いになっているときも、しっかりと抱きかかえ、自分の体を横に捨てながら、自分の腹部の上で相手を転がすようにして、一気に投げます。 一度抱き合うような体勢をとったあと、投げて左右に分かれることから「抱分」と呼ばれています。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード