柔道武道館

内股すかし(うちまたすかし)

内股すかし

概 略

勘と反射神経で勝負、内股の返し技

技の特徴

内股すかしは、相手に内股をかけさせておいて、瞬時にそれをかわして反撃するという返し技です。
基本的にケンカ四つの組み手から始め、両股を開いてややうつ伏せの姿勢になりながら、相手が内股を仕掛けるように誘います。
相手が内股をかけようと脚を振り上げた瞬間に、片膝を軽く曲げ片方の足に重ね、払いにきた相手の足をすかします。
続いて、すかされて重心を崩した相手を、釣り手で頭を押すようにしながら腕で前に転がすように投げます。

技の性質

それほどよく使われる技ではありませんが、勘の良い選手や反射神経が鋭い選手にとっては、得意となる技です。

技をかけるときのポイント

  • 振り上げた相手の足が股間に入らないように、すばやく膝を曲げ内側に入れて股を閉じるような格好にすることで、相手が空振りをします。
  • 相手が内股をかけるのをやめないように、技の瞬間は上体を相手に付けておきます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード