柔道武道館

浮落(うきおとし)

浮落

概 略

相手の体重移動の瞬間を利用してかける手技

技の特徴

浮落は、相手が踏み出そうとする瞬間に、引き落として投げる技です。

技の性質

一旦、相手の一歩後退を誘い、相手が後退した足を再度踏み出そうとする瞬間に、後方に引いて、相手の重心を崩しつつ投げていきます。
このときに、片方の膝を曲げる方法や畳に片方の膝を付ける方法をとり、相手の重心を前のめりに崩します。
膝を付けて相手を崩す場合、自分の腰をかかとまで落としてしまうと効果を失うため、正しい姿勢を守ることが大切です。
手技ですが、小手先だけの操作だけでなく、体のさばきで相手を崩すことが重要です。

技をかけるときのポイント

  • 初めに、相手を十分追い込むことで、相手の出足を誘うことができます。
  • 組む場合、中襟を持つことで、前へ引き落とす力を効果的に利用することができます。
  • 両手の引きを効かせて、バランスの良い姿勢を保ち、相手が崩れた方向へ投げることで、力の弱い選手でも有効に使うことができます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード