柔道武道館

体落(たいおとし)

体落

概 略

柔道の基本的な手技。釣り手の使い方と足さばきが重要ポイント

技の特徴

体落は、相手を右前隅に崩し、自分の体の脇から斜めに相手を落とす技です。

技の性質

この技の形は、背負落とよく似ていて、片足を外側に出し、それを支点にして相手を倒します。
このとき、釣り手使いが大切なポイントとなります。
釣り手で襟をしっかりと握り、肘を外側に出すようにして相手を釣り上げます。
しっかりと釣り上げることで、相手のかかとが浮き、それをねらって相手を引き込みやすくなります。
体落は、男女を問わず、実戦で頻繁に使われる手技ですが、調子技とも言われ、軽快な動作がポイントとなるため、やや小柄な選手同士の試合でよく見られます。

技をかけるときのポイント

  • 相手が前方に出てきたり、横方向に動いたりしたときの瞬間を逃さずねらって仕掛けます。
  • 外側に出した片足の指先は軸足を向いた状態でないと、ケガの原因となるため気を付けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード