柔道武道館

隅落(すみおとし)

隅落

概 略

空気投げとも言われる手技

技の特徴

隅落は、かけ始めは浮落と同じように、相手が後退させた足を踏み出す瞬間に、引いて投げる技です。

技の性質

まず、自然体に組み、外中袖と襟を深く握ります。
相手を追い込んで後退させ、相手が押し返し一歩踏み出すように誘います。
このとき、追い込みが十分であれば、相手の出足も自分の思いのままになります。
相手が踏み込んできた瞬間に、自分の足を進めて支え足にします。
相手の袖を握った方を引き、支え足に相手の重心を移しつつ、襟を握っている方で、相手の胸部の辺りと押し上げます。
こうすることで、相手の体はくるりと回され引き落とされます。
相手が、勢い良く攻撃に踏み出してくるときや攻撃を中止して足を戻すときがこの技をかける絶好の機会です。
一見、手先だけで倒したように見えるため、空気投げなどと言われていますが、微妙な体さばきによって相手の重心を崩し、その力を利用して投げるため、体全体の使い方が決め手となります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード