柔道武道館

掬投(すくいなげ)

掬投

概 略

上半身の筋力が強い選手にとって特に有効な手技

技の特徴

掬投は、その名の通り、相手を掬い上げて投げる技です。

技の性質

組んだあと、膝を曲げて重心を低くすると同時に引き手を相手の股間の後ろに差し入れて、そのまま抱え上げます。
このとき、ちょうど太ももの付け根辺りを抱え上げるようになります。
相手を抱え上げたら、車のハンドルを回すような感じで相手を投げていきます。
パワーのない選手の場合は、抱え上げてから投げるのではなく、前に走るようにしながら投げていく方法を使っているようです。
掬投は、上半身が強い選手や手足の長い選手が比較的得意とする技で、欧米諸国のパワーのある選手はよくこの技を使っているようです。
また、男女を問わず実戦でもよく見掛けます。

技をかけるときのポイント

  • ケンカ四つよりも自然体による組み手である相四つの方がかけやすいと言われています。
  • 相手を抱え上げるときは、頭が下がると返技をかけられやすくなるため気を付けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード