柔道武道館

背負落(せおいおとし)

背負落

概 略

背負投がやや変化した手技

技の特徴

背負落は、背負投の要領で相手を背負って投げる技ですが、投げる際に、「体落(たいおとし)」の足さばきとよく似た動きをします。

技の性質

自然体で組み、相手の重心がつま先に移り、前にバランスを崩した状態になり、技がきまりやすくなるように、引き手は、手首を返しながら目の高さほどまで引き出します。
釣り手は、前襟に釣り手を巻き付けるように握り、両手を効かせて、足を踏み込み、一気に相手を背負います。
ここまでは、背負投と同様ですが、背負落では、投げるときに、体落のように足を体の外側に出すようにし、その足を支点にして、そのまま相手を背負って投げます。
実戦でも比較的よく見られ、背負投と同様に体が小さい選手でもかけやすい技です。
背負落は、背負投よりも動作が簡単なため、初めに習得すると、背負投の習得が難しくなるとも言われています。

技をかけるときのポイント

  • 自分の肩の辺りから斜めに落とすようなイメージで投げ付けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード