柔道武道館

帯落(おびおとし)

帯落

概 略

帯をつかんでかける技

技の特徴

帯落は、帯をつかみ、自分の足を支点にして、相手を後方に投げる技です。

技の性質

引き手で、前帯を下からつかみ、引き出すと同時に、相手の背後に片足を踏み込みます。
相手の背後に踏み込んだ足は膝を曲げ、重心を低くすることで、相手が後方へ崩れやすくなります。
それと同時に、釣り手を離し、その腕を伸ばして、相手の胸を脇の下から釣り上げるようにしながら、後方へ払い落とします。
前帯をとるときは、自分に近い方をとり、しっかりと引き寄せ、自分の体に相手を密着させると、バランスが保たれ、力を有効に使うことができます。
支点となる足と釣り手を連動させて、相手を回転させるように投げます。

技をかけるときのポイント

  • 帯落の他にも帯を握ってかける技がありますが、技をかけることなく帯を6秒以上つかみ続けると、反則と見なされ「指導」をとられるため気を付けます。
    講道館少年規定では、技をかける瞬間のみ、帯を握ることが許されています。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード