柔道武道館

小内返(こうちがえし)

小内返

概 略

小内刈の返し技

技の特徴

小内返は、小内刈を仕掛けられたときに、相手の出した足に自分の足をかけて、逆に相手を投げる技です。

技の性質

相手は、こちらを一旦追い込み、引き出して、自分の足が出るように仕掛けます。
そして、足の出るタイミングに合わせて小内刈をねらってきます。
このとき、自分の重心が前に出す足の方へ移動する瞬間に、すかさず刈りにくるため、それを警戒し、すばやく対応することが大切です。
前足に移動しようとした重心を、すばやく後ろの足に戻しながら、両手を効かせて、相手の重心を前のめりに崩します。
このとき、前に出した足を相手の刈足の膝の横にあて、釣り上げつつその足の方へ崩し、体をするどくひねりながら、一気に投げにいきます。
後ろ足先を支えにして、前足裏にかけた相手の足を支点にしながら、回転するように投げます。

技をかけるときのポイント

  • 腰を引いたり、落としたりすると、相手が大内刈などへ技を変えて仕掛けることがあるため、下腹部を下から突き上げるようにします。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード