柔道武道館

踵返(きびすがえし)

踵返

概 略

朽木倒と同類の手技

技の特徴

踵返は、片手で相手の踵(かかと)をとり、そのまま後ろ側へ押し倒す技です。
相四つ、またはケンカ四つに組み、片足を相手の両足の中間辺りまで踏み込むと同時に、引き手を袖から離し相手の足をとりにいきます。
ここまでは、朽木倒と同様ですが、朽木倒がふくらはぎ辺りをとるのに対して、踵返は、かかとからくるぶしの中間をとります。
とったかかとを持ち上げることで、相手は重心を崩します。
このとき、しっかりと握った釣り手で、相手を後ろ側へ強く押して倒していきます。

技の性質

踵返は、朽木倒に比べて使う力が比較的少ないため、軽量級や小柄な選手に最適な技と言えるでしょう。
踵返も朽木倒と同様に、俊敏な動きが要求され、一瞬の隙に相手に深く踏み込むことが必要です。

技をかけるときのポイント

  • 奇襲攻撃が有効で、組み際に相手の襟をとると同時に足をとりにいくと言うように俊敏な動きが必要です。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード