柔道武道館

一本背負投(いっぽんせおいなげ)

一本背負投

概 略

背負投が変化した、柔道技の基本中の基本と言える手技

技の特徴

一本背負投は、相手の片腕をつかみ、背負って投げる技です。
引き手の袖を握った状態から技をかけ始め、引き手を前に引き出しながら、背負いにかかります。離した釣り手の肘に相手の腕を挟み、そのまま前に引き出すようにして背負い投げます。背負うとき、足は肩幅に開いて踏ん張り、投げるときは膝を伸ばします。
一本背負投は、背負投同様に実戦でもよく見られ、投げ方のバリエーションも様々です。
相手が引き手を嫌がってなかなか組ませてくれないときは、引き手で襟を握った状態からかけ始める場合もあります。

技の性質

この技は、相手を前方向に崩して投げるのがポイントですが、実戦では背筋力を使って強引に投げた方が良い場合もあり、背筋力を鍛えることも必要です。

技をかけるときのポイント

  • 背負うときに、肘の内側に相手の上腕部をしっかりと挟み込みます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード