柔道武道館

裏投(うらなげ)

裏投

概 略

プロレスのバックドロップによく似た捨身技

技の特徴

裏投は、相手を背後から抱え、自分の後ろ側に投げる技です。
相手が仕掛けてきたところをねらってかけます。
相手が足を踏み出し、奥襟をとりにきた瞬間に、相手の背中をとりにいきます。
両手で相手を抱くようにし、相手が足をかけにきても、膝を曲げて持ちこたえます。
相手をお腹に乗せるようにして後ろに重心を移動し、膝のバネを効かせて後ろに投げます。
実戦では、正面から強引に裏投をかけるケースも見られます。
この場合は、膝を曲げ体を低くし、相手の懐へ入るような格好で相手を抱きかかえます。

技の性質

裏投は、男女や階級を問わず、実戦でもよく見られる技ですが、後方に投げ危険性を伴う技ということで、この技を上達させる練習は特に行なわないようです。
危険性を回避するためには、相手の下敷きにならないために、自分の体を横にひねりながら投げること、後頭部を強打しないために、あごを十分に引いて投げるといったことに気を付けます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード