柔道武道館

巴投(ともえなげ)

巴投

概 略

もぐり込みがポイントとなる捨て身技

技の特徴

巴投は、相手の下にもぐり込み、蹴り投げる技です。
自然体で組んだあと、相手が横に出るタイミングをねらい、膝を曲げて足をかけます。
このとき、足をかけながら、小さく丸くなるようにして倒れ、相手の下にもぐり込むような形になります。
相手の太ももの付け根辺りに足の裏をあて、しっかりと曲げた膝のバネを利用し、相手を蹴り上げるように投げます。
釣り手と引き手を効かせながら、足の力と連携させます。

技の性質

巴投は、男女を問わず、国際試合でも見られる真捨身技です。
真後ろに投げるタイプと横に移動しながらそのまま横に投げるタイプがあり、実戦においては、横投げが主流となっています。
横投げタイプは、下にもぐり込みやすい小柄な選手が得意とする傾向にあり、軽量級で比較的によく使われています。

技をかけるときのポイント

  • 横投げタイプの場合、釣り手は、大きく「つ」の字を書くように動かしながら、相手を崩して投げにいきます。
  • この技のあとには、抑込技をかけることが多いため、かけたあとはすぐに抑込技の体勢をとります。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード