柔道武道館

俵返(たわらがえし)

俵返

概 略

レスリングのグレコローマンスタイルのような捨身技

技の特徴

俵返は、俵を後方に投げるように相手を投げる技です。

技の性質

この技は、双手刈を仕掛けられそうになったときに、返し技としてよく使われています。
相手が、腰を低くして、双手でこちらの胴をとりに来たタイミングに、こちらは逆に上から覆い被さるようにして、相手の胴を両手で抱え込みます。
相手の体の上半身をしっかりと抱え込んで上体を制し、重心を前下に崩しながら、そのまま自分は後方へ転がり、頭越しに投げます。
このとき、小手先で投げようとせず、前下方向に崩れる相手と後方へ転がる自分の重心移動を利用して投げます。
動作は、引込返とよく似ていますが、引込返は、足の力を連動させながら投げるのに対して、俵返は、足を使いません。

技をかけるときのポイント

  • 胴の抱え込みがあまいと相手に足を掬われるなど、他の技に変化する場合もあるため、気を付けます。
  • 相手が双手刈を仕掛けてきた場合、双手刈も相手を後ろに倒す技なので、双手刈の効果で倒れたのか、自分から倒れたかよく分からないと、相手にポイントがあたえられてしまうことがあるので注意します。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード