柔道武道館

隅返(すみがえし)

隅返

概 略

旧ソ連圏を発祥とする「サンボ」に似ている技

技の特徴

隅返は、相手を前に崩し、相手の股間に足を入れて後ろに投げる技です。
ケンカ四つから、釣り手で背中をとり、引き手とともに相手を前傾姿勢へ持ち込みます。
相手が前へ重心を崩したときに、後ろに倒れながら相手の股間へ足を引っかけ、一気に投げます。
このとき、足の甲を相手の股間へ引っかけ、蹴り上げるような感じで投げます。
実戦においては、お互いに引き手をとらず半身の体勢から、相手が強引に引き手をとりにきた瞬間に、相手の下にもぐり込むパターンが多く使われています。

技の性質

隅返は、動きながらかける真捨身技のひとつです。
日本の選手はあまり使わないようですが、旧ソ連圏の「サンボ」に似ている技で、ロシアやグルジアなどの選手が得意としているようです。

技をかけるときのポイント

  • 相手に技を防がれないよう、十分に両手の引きを効かせることが大切です。
  • 相手を前に崩すときは、自分の懐に入れるようにします。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード