柔道武道館

移腰(うつりごし)

移腰

概 略

俊敏な体さばきがポイントとなる腰技

技の特徴

移腰は、相手が腰技をかけてきたときの返し技です。

技の性質

相手が腰技を仕掛けてきたときに、自分の引き手を離して相手の脇から背中側に回し、反対側の脇へ巻き付けるようにします。
さらに、腰を落とし、膝を曲げて、相手の膝のひかがみ(膝の後ろのくぼんでいるところ)にあてて、相手の膝のバネが効かないよう防ぎます。
相手が体勢を立て直そうとする瞬間を利用して、相手の重心を前に崩し、抱き上げるようにしながら自分の腰に移し乗せ、前方向に投げます。
抱き上げるときは、膝を曲げて姿勢を低くし、投げるときは、膝のバネを効かせて投げます。

技をかけるときのポイント

  • 相手の技を受け、抱き上げて後ろ腰の技で返す素振りをすると、相手は腰をひねって防ごうとします。その瞬間が移腰の技をかけるチャンスとなります。移腰は、相手が跳腰内股などをかけてきたときに有効ですが、後ろ帯をつかまれる技に対してはかけにくい技です。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード